Fink

Running X11 - 4. X11 の起動

4.1 Darwin

純粋な Darwin 上では XFree86 は他の Unix と同様に動作します。 通常、コンソールから startx で起動させると、サーバとウィンドウマネージャやターミナルエミュレータなどのクライアントが実行されます。 純粋 Darwin 上ではパラメータは必要ありません。 単純に:

startx

と入力します。 ホームディレクトリにあるファイルを編集することで、何を起動させるかをカスタマイズすることもできます。 .xinitrc はどのクライアントを起動するかを管理します。 .xserverrc はサーバオプションや他のサーバを起動させることもできます。 もし問題があれば (真っ暗な画面やコンソールに戻ってしまったら) 、上述のファイルを削除してみて下さい。 startx はこれらのファイルがない場合は安全なデフォルト設定で起動するはずです。

あるいは、サーバに XDMCP オプションをつけて、次のように起動することもできます:

X -query remotehost

これについての詳細は Xserver のマニュアルページに書かれています。

最後に、 xdm オプションを設定して起動することもできます: これについての詳細はマニュアルページをご覧下さい。

注記: Panther 以前のMac OS X では、 ログイン画面で >console と入力することでテキストコンソールに入ることもできます。 これは

注記: Mac OS X Panther 以降では、 console ウィンドウからは XFree86 は起動できません。

4.2 Mac OS X + XFree86 4.x.y

Mac OS X で XFree86 を起動するには、基本的に二つの方法があります。 ひとつはアプリケーションフォルダ内の XDarwin.app アプリケーションをダブルクリックします。 この後、起動ダイアログでフルスクリーンかルートレスかを選択します。 このダイアログは毎回でてきますが、 Preferences ダイアログで設定を行うと出てこなくなります。

4.2.0 より前は自動的にフルスクリーンモードで、ダブルクリックによる起動ではルートレスに変える方法はありませんでした。

もうひとつの方法は、 Mac OS X 上で ターミナル.appから startx を実行します。 この方法でサーバを起動する場合、Quartz と共存することを伝える必要があります。 これは、 -fullscreen オプションをつけて:

startx -- -fullscreen

とします。 これにより、フルスクリーンモードでサーバが起動します。 クライアントは .xinitrc に書き込んで下さい。

注記: 4.2 より前では -quartz でフルスクリーンモードになりました。

-rootless オプションを使って:

startx -- -rootless

-quartz オプションはもうフルスクリーンモードを選択しません。 代わりに、 Preferences のデフォルトモードを使用します。

4.3 時点では、引数なしで startx を実行すると起動ダイアログが表示されます。

4.3 X.org の起動

X.org は XFree86 と全く同じ要領で起動します。

4.4 Apple X11 の起動

機能としては、 Apple X11 は XFree86 と同様です (例えば、.xinitrc を 使って、クライアントを制御します) 通常の起動方法は X11.app をダブルクリックします (これは/アプリケーション/ユーティリティ内にあります)。 startx コマンドを使うことも可能ですが、コマンドラインオプションを使ってディスプレーモードを指定することはできません; X11.app は、初期設定で選択されたモードで起動します。

ウィンドウマネージャーは、ほかの設定をしない限り quartz-wm となります。 X11.app の初期設定で、再起動することなくフルスクリーンとルートレスを切り替えることができます。 しかし、これは quartz-wm では動作しません; ほかのウィンドウマネージャーを (.xinitrc で設定して) 使う必要があります。

4.5 applex11tools パッケージ

Fink の applex11tools を用いると、 OS 10.3 以降では、 XFree86 4.4 以降や X.org で X11.appquartz-wm を組み合わせることができます。

このパッケージを使用するにはunstable ツリー を設定し、X11User.pkg/Users または /Volumes のどこかに置きます。 X11.app は、 Fink ツリー内の Applications フォルダーにインストールされます。 これで X11.appXDarwin.app を使うことができます。

4.6 .xinitrc ファイル

ホームディレクトリに .xinitrc という名前のファイルがある場合、自動的にウィンドウマネージャや xterm, GNOME などのデスクトップ環境といったX クライアントを起動するために使われます。 .xinitrc はコマンドを実行するシェルスクリプトです。 通常の #!/bin/sh を先頭に書いたり、実行可能フラグをたてる必要はありません。 xinit はシェルを通して起動する方法を知っています。

.xinitrc ファイルがホームディレクトリ内にない場合、 X11 はデフォルトのファイル /private/etc/X11/xinit/xinitrc. を使用します。 このデフォルトのファイルを元に編集するとよいかもしれません。

cp /private/etc/X11/xinit/xinitrc ~/.xinitrc

Fink を使っている場合、 source init.sh を一番最初に実行します。 これによって環境が正しく設定されます。

.xinitrc には任意のコマンドを追加できますが、いくつかの注意点があります。 まず、シェルはデフォルトではプログラムを一つづつ実行していきます。 次にプログラムは、前のプログラムが完全に終了するまで実行されません。 同時に複数のプログラムを実行したい場合、シェルに "バックグラウンド " で実行するよう伝えるため & を各行の最後に追加します。

次に、 xinit.xinitrc スクリプトがが終了しするまで待ち、 "セッションは終了しました。 X サーバを終了します。" と解釈します。 この意味は、.xinitrc の最後のコマンドはバックグランドで実行してはならず、ずっと実行されていなければならないということです。 慣習的にウィンドウマネージャはこの目的のために使われてきました。 実際、ほとんどのウィンドウマネージャは xinit が待っていることを想定し、メニューの "ログアウト" ではこれを使います。 (注記: メモリと CPU サイクルを節約するために、下記の例のように exec を追加すると良いでしょう。)

以下の簡単な例では、XFree86 または Xorg 上で GNOME を起動しています:

source /sw/bin/init.csh
exec gnome-session

より複雑に、 bell をオフにし、クライアントをいくつか起動してから Enlightenment ウィンドウマネージャを起動するには:

source /sw/bin/init.sh

xset b off

xclock -geometry -0+0 &
xterm &
xterm &

exec enlightenment

GNOME2.4 以降を Apple X11 下で起動するには:

. /sw/bin/init.sh
quartz-wm --only-proxy &
exec gnome-session

KDE 3.2 (version < 3.2.2-21) を Apple X11 下で起動するには

. /sw/bin/init.sh
export KDEWM=kwin
quartz-wm --only-proxy &
/sw/bin/startkde >/tmp/kde.log 2>&1

最後に、最新版の unstable な KDE を Apple X11 下で起動するには:

. /sw/bin/init.sh
/sw/bin/startkde >/tmp/kde.log 2>&1

4.7 OroborOSX

OroborOSX は、X11.app や XDarwin ディスプレイマネージャーの代わりになります。 これは、あらかじめ X11 を必要とします。 X11.app または XDarwin.app もそのまま使うことができます。

OroborOSX が実行されると、独自のルートレスのみのウィンドウマネージャーを立ち上げ、 システムの xinitrc やユーザーの .xinitrc は読み込みません。 起動後に .xinitrc を実行するメニューがあります。 しかし、起動時にアプリケーションを設定する独自の方法が採用されています。 また、Finder から X11 アプリケーションを、スクリプトを用いて起動することができるメカニズムもあります。

詳しい情報は、 OroborOSX ホームページをご覧ください。

次: 5. Xtools