Fink

Mac OS X 10.11 向けのアップグレード

10.9 から 10.11

  1. 10.11 をインストールする前に
    fink selfupdate
    (rsync または CVS) をして 最新版の fink にする。
  2. OS をアップデート。
  3. まだインストールしていなければ、Xcode 7.1 をインストールするか、Yosemite 用のコマンドラインツールをインストール。 Xcode 7.1 をインストール済みなら、Marvericks か Yosemite でインストールしていても、 コマンドラインツールを再インストールする必要があります。
  4. Xcode 7.1 があるなら、
    sudo xcodebuild -license
    を実行し、 Xcode ライセンス条項を受け入れます。 これは、コマンドラインツールだけを使うのであれば必要ありません。
  5. fink configure
    を使い、Fink のビルドユーザーをアクティベートします。 Apple が、user を消し去るためです (なぜか group は消さないようです)。
  6. fink reinstall fink
    を使い、10.11 を指定します。
  7. オプション:

    -pm5162 なパッケージをインストール済みであれば、

    fink install perl5162-core
    を使います。

    passwd-* なパッケージをインストール済みであれば、

    fink list -it passwd | cut -f2 | xargs fink reinstall
    を使います。

fink を 10.10 用にせずに 10.9 から 10.10 または 10.11 にアップデートした場合、 これ以上は進めません。 互換性のあるビルド済み fink をダウンロードし、ターミナルで、ダウンロードしたフォルダで

sudo dpkg -i fink_0.39.2-101_darwin-x86_64.deb
とインストールします。

10.8 以前から 10.11:

10.8 (以前) から 10.11 へ Fink をアップグレードする方法はありません。

ここの手順は、 Fink blog の要約版です。 ここの情報はより詳しい説明があります。

このプロセスは、現在の Fink でインストールしているパッケージ一覧を集め、 10.11 上で Fink インストール中に使うために保存します。

パッケージ一覧を集めるには、以下のようにしてください:

  1. grep -B1 "install ok installed" /sw/var/lib/dpkg/status | grep Package | cut -d: -f2 > fink_packages.txt
    を使い、パッケージ情報をファイルに保存します。
  2. sudo mv /sw /sw.old
    の Fink ツリーを移動します。
  3. 最低限、OS X 10.11, Xcode 7.1、コマンドラインツールをインストールします。
  4. 10.11 をインストール後、Fink をインストールします。
  5. コマンド
    cat fink_packages.txt | xargs fink install
    を実行し、 可能な限り、10.8 上でインストールしたパッケージを、新しい Fink がインストールします。
  6. /sw.old ディレクトリを削除します。

システムの変化により、10.8以前で得られるパッケージの全てが 10.11 で利用できるわけではありません。 現在、可能な限り多くのパッケージを利用できるように作業中です。 利用したいパッケージが 10.11 で利用できない場合、パッケージメンテナに連絡し、利用できるように依頼してください。